転職 履歴書 書き方

転職に成功する履歴書の書き方とは?

企業側が、応募者について知る最初のステップが履歴書になります。

 

できるだけ好印象を持ってもらえるようにする必要があり、丁寧に書かれた履歴書を作るように心がけましょう。

スポンサーリンク

美しい字で書けば、履歴書の印象がよくなるかといえが、そういうものではありません。

 

字の上手下手ではなく、丁寧に書くことで、文字にその人の真剣さが表れてくるものです。

 

ダメ

どこかで見たことのあるような文章ばかり並んでいたり、内容が乏しい履歴書も存在します。

 

信頼のできる人柄かどうかが、履歴書の書き方でイメージできてしまうことがあります。

 

履歴書には志望動機の欄がありますが、ここに何を書くかも、重要な着眼点になります。

 

履歴書の書き方例にあるような表面的な内容では、本当に働きたいという意思があるのかどうか疑われてしまう可能性があります。

 

自分自信の言葉で、自分自身の動機をきちんと書くことができるかどうかがポイントです。

 

転職者を採用する企業では即戦力を求めているので、自分の今までのキャリアを生かし、即戦力になることをアピールした内容にするのがポイントです。

転職時の履歴書書き方の注意点

転職活動のためにつくる履歴書は、当然ながら、新卒時の就職活動のものとは違ってきます。

 

はじめて社会人になる時のような、夢や希望を詰め込んだ履歴書は、転職時には不向きです。

スポンサーリンク

新卒ではなく中途採用の就職活動をするときに必要なのは、採用することで得られる会社のメリットを具体的に伝えることです。

 

やる気だけが高い中途採用者は、企業側にとっては求める人材とは程遠いものです。

 

オーケー

会社が求める人物像に、自分がどれだけ合致しているかを相手に話せるかどうかが、転職活動を成功させるためには欠かせません。

 

転職を志す時に、自分自身が新卒の時に就職活動をした方法と同様の方法で、履歴書を作成してしまう人が多いようです。

 

転職者の採用については、新卒者の採用とは着眼点が違うので、同じ感覚で就職試験は受けられません。

 

転職では、採用されて仕事に就けば、どんなことが出来るのかを、より具体的に書くことが望ましいです。

 

何か資格があるのであれば、履歴書の資格欄に書くだけではなく、志望動機の中にも記入して目に留まるようにします。

 

自分が有用な人材であることを相手に納得してもらうためには、根拠は具体的で、わかりやすいものすることが理想的です。

 

会社にとって有益な人材であると思わせることができれば、転職活動はうまくいきます。

 

転職活動を理想的な形で進めるためにも、最初につくる履歴書の内容は入念に検討しましょう。

転職に役立つ履歴書の書き方について

納得のいく転職活動をするためには、履歴書には何を書くといいでしょう。

 

どんなにしっかりと採用面接の準備をしていたとしても、履歴書の内容に問題があったら、せっかくのチャンスを逃してしまうことになるでしょう。

スポンサーリンク

会社に行く前の段階で、履歴書審査で落とされるということになっては残念です。

 

転職を考えたとき、採用担当者にこの人に会いたいと思わせる内容を書くことが大切です。

 

特に転職回数が多い場合には、マイナス評価にならないかと不安になります。

 

ポイント

面接時であれば理由を伝えることが出来ますが、履歴書では難しいものがあります。

 

様々な職場を経験したことで知見を積んでいることを、プラスに印象づけるように、志望動機の欄などを工夫しましょう。

 

過去の経験が、現在の自分にどのように影響しているか、プラスになるようにまとめます。

 

動機欄に書くことは、ポジティブなことになるようにします。転職の場合、職務経歴書が必要になるケースが多くあります。

 

転職が多くても、それぞれの職場での経験を上手くまとめてあれば、評価につながります。評価につながる内容を記載した履歴書を作って、書類選考をぜひとも突破していただきたいものです。