転職 自己PR 大事

転職するときの自己PRで大事なこととは?

それは、過去の実績や経験をプレゼンできるかどうかです。

 

面接試験でも、自己PRを尋ねられる機会は多くあります。

 

自己PRの出来映えは、面接がうまくいくかどうかの境目になりますので、重視してください。

スポンサーリンク

会社側が、この人は魅力的な人物だと思うような自己PRをすることができれば、転職活動は成功します。

 

画像1

採用試験で自己PRをするときに重視すべきことは、会社との関係づけが全くできていないような自己PRにならないようにすることです。

 

会社の業務内容に関係のない資格があることを自己PRでアピールしても、評価される見込みはないからです。

 

勤めたことのない業種の会社に採用されたい場合は、自己PRの中に、どうにかして会社の仕事と、自分が会社に提供できることをリンクさせて話すための下準備を整える必要があります。

 

求人を出している会社が、どういった人材を必要としているのかを事前に把握できるかどうかが成否を分けます。

 

若い人が転職活動をする場合、前職の実績や経験は十分ではありませんが、その分、今後のモチベーションや熱意を伝えることで十分に自己PRになりえます。

 

自己PRを内容を繰り返し見直して、よりよい内容ににブラッシュアップしていくことで、転職を成功させることが可能です。

転職に成功する自己PRの方法とは?

転職する時には面接試験を避けて通ることはできませんが、中でも自己PRの内容はたいへん重要視されています。

 

転職を達成するには、自己PRをどのように行うかがポイントになっています。

スポンサーリンク

仕事を辞めて新しい仕事に転職するときには、履歴書を提出して後には面接による試験が行われます。

 

面接は、採用試験の中でも中盤から最終段階の審査になります。

 

画像2

面接の準備の一つとして、自己PRをどのように行うかを考えておくようにしましょう。

 

面接で聞かれる質問は色々なパターンがありますが、転職を希望する理由はたいてい聞かれることです。

 

正直に話すことも大事ですが、自己PRではいかにその仕事に向いているのかをアピールすることが大事です。

 

自己PRになりそうな言葉を織り交ぜて、面接の場では質問に答えられるようにしておくことが理想的です。

 

仕事を辞め理由によっては、マイナス評価になることもありますが、その点は自己PRで乗り切るようにしましょう。

 

職歴や、実績の中で、どんなことを自分がやってきたかを伝えることができれば面接でも有利になりえます。

 

担当者に対して説得力のある自己PRを話すことができれば、会社に有益な人材になりえると考えてもらえるでしょう。

 

自分のできることの何が自己PRとして効果を発揮するか、事前に考えておきましょう。

転職において自己PRの練習をするには?

自己PRを用意をする時には、実際に話をしながら録音して聞いてみるといいでしょう。

 

転職活動がなかなかうまくいかない人に、ぜひ練習してほしい内容です。

スポンサーリンク

自己PRをまとめる時には、紙に書き出してみたり、頭の中でまとめてみるほか、話してみることも効果的です。

 

画像3

自身の話し方を俯瞰視点で見るためには、録音という手段が合理的といえます。

 

転職を希望してはいるけれど、面接がうまくできないと感じている人は、一度、録音して聞いてみてください。

 

自分で考えているような話し方が、できていなかったということもあります。

 

面接で高く評価してもらえない理由が、口調や話癖にあったという場合もあります。

 

もし地声が低くて話し方が暗い人でも、自分の声の改善ポイントを押さえて練習すれば大丈夫です。

 

大事なことは、早口になりすぎないことと、語尾をきちんと言うことです。

 

採用担当者に好感を持ってもらうためには、聞きとりやすい声の大きさと、ゆっくりめの話し方をしましょう。

 

地声が低めの人だったとしても、声の大きさとスピードを調整することで、まじめないい人に見えます。

 

面接を成功させ、転職を達成するために、自己PRの録音と確認作業をぜひ試してみてください。