採用試験 面接時 注意点

就職活動時の面接対策とは?

採用試験における面接試験とは、企業からも、求職者からも、正念場といえるようなものではないでしょうか?

 

採用試験を突破して、転職を成功させるためには、何とかしてこの面接を成功させる必要がありますので、転職希望者にとっては大事です。

スポンサーリンク

 

ポイント

面接の重要性を踏まえた上で、対策を講じることがポイントになってきます。どうすれば、面接を成功させて、採用先の企業を決めることができるようになるのでしょう。

 

実際に面接になった時に、どういうことを質問されるかを、まずは当たりをつけていくといいでしょう。

 

聞かれたことに対し、どんな答え方をするかを、大体決めておきます。多くの場合、採用者に対する大まかな期待感を、採用担当者は持っているものです。

 

相手の要求度を満たせるポジションに、入るようにしましょう。

 

質問をされた場合の答え方についても、凡庸な答えや、教本に書かれていることをそのままなぞらないようにします。

 

ですが、突飛な回答ばかりすることも考えものですので、相手の印象に残るような、状況に合わせた受け答えができるようにしましょう。

 

人材募集をしている企業によっては、面接では意地悪な質問をすることで、相手がどう思っているかを見極めようとすることもあります。

 

面接準備を完全にして、採用されるのは困難なことといえます。

採用試験における面接時のチェックポイント

採用の可否を決める人は、面接の場で応募者と会った時に、一般的にはどのようなところを見ているのでしょうか?

 

面接での答える内容を考えることも必要なことですが、その他の点で、面接時には心がけておきたいことが存在します。

スポンサーリンク

 

見た目は、とても大事なところです。外見で人を決めつけてはいけないといいますが、外見が他人に与える影響は大きなものです。

 

オーケー

採用担当者は服装や清潔感などを観察しています。身だしなみを整え、姿勢を正すことは重要です。どんな風に話をするかも、重視したいところです。

 

ゆっくり話す人、終始早口な人、尻すぼみの話し方になる人、自信なさそうな話し方になる人など。

 

話し方はの違いは、意外と相手に与える印象を変えます。落ち着きがあり、しっかりとした話し方をして、相手の信頼を得ることが、、面接では大事です。

 

いい話し方をして、相手にいい印象を持ってもらえるように、工夫をしてみてください。

 

より長くこの人と話を続けていきたいと、面接の場で相手に思ってもらえれば、成功です。

 

聞き方が巧みな人であれば、面接の場で、担当の人が話をしていて心地いい気持ちになれると感じるでしょう。

 

発言中の表情についても、面接をしている時は重要になってきています。

 

無事に採用してもらえるように、自分のことを話す時にはあまり遠慮をしすぎず、堂々と面接の場に立てるように、対策を講じていきましょう。

採用試験の面接時に注意点とは?

面接を成功させるために、しないほうがいいことは、どんなことでしょう。マナーやエチケットに抵触することは、まずしてはいけないことになります。

 

髪に触る、足を組む、腕組みをする、貧乏ゆすりをするといった行為はしないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

相手にマイナスのイメージを与える動きは、できるだけ控えるようにしましょう。

 

バツ

極端に緊張したり、話すことに気をとられていると、いつのまにかこういった動作をしてしまう人もいるようです。

 

足を組んだり、腕を組んだりすることは、相手に対して不遜な印象を与えますので、面接の際に行うと場違いな動作になってしまいます。

 

採用担当者の気を悪くさせないような言動や、動作をすることが、面接の時には重要になります。しっかりした敬語で話せるように、日頃から心がけておきましょう。

 

その場に合った敬語が思い浮かばないままに話していると、うっかりため口になってしまい、面接をふいにしてしまうという人もいます。

 

その反対に、敬語を重ねすぎて、聞きづらい言葉づかいになることもあります。敬語が過ぎる言葉遣いも、場合によっては慇懃無礼に感じられるものです。

 

正しい敬語を使えることは、面接が終わってからも大事なことですので、勉強をしたり、実際に話してみることも有効です。

 

採用面接を受けている時に、普段の口調で話してしまうということがないようにしましょう。

スポンサーリンク