Iターン転職 履歴書 書き方

Iターン転職を成功させるためには?

最近は、Iターン転職をしている人が、多くなっていると言われています。

 

転職の形の一つであるIターン転職は、転職先に、住みたいと思った地域に引っ越して働くというものです。

 

東京のような都心部で働きながら、地方へIターン転職を果たすためには、どのような方法があるものなのでしょう。

スポンサーリンク

田舎や都会など関係なく、必要になるのはPC関連スキルや、英語をはじめとした語学である場合が多くなっています。

 

画像1

Iターン転職を成功させるためには、語学を磨いたり、パソコン知識を得ておくことがおすすめです。

 

通勤時間が苦にならないという人であれば、ひなびた地域で暮らしていても、転職先を見つけることは、さほど大変ではないといいます。

 

イメージとしては、都会の企業のほうが、海外企業とのやり取りもたくさんありそうです。

 

ですが、ネット環境が普及している現代では、地方であっても、遠隔地に対して売買をしているところはたくさんあります。

 

PCが使えて、英語などの語学も堪能な人材は、地方の中小規模の企業にも、求められていると考えてもいいでしょう。

 

パソコンが使えることは、転職活動ではできるだけ必要なことです。

 

Excel、Word、PowerPointが使えない状況で転職活動をしようとしても、書類選考で落とされてしまいます。

 

Iターン転職をして再スタートするのに、少し抵抗がある人もいるかも知れません。

 

ある程度年齢を重ねてから、まったく新しい環境で働く事に対して、不安があるという人も多いでしょう。

 

新天地で暮らし始めることと、新しい職場で働き始めることをダブルでこなさなければいけませんので、モチベーションが続かなくなるような人もいます。

 

失敗の一つ二つは気にかけず、いい面を数え上げながら目の前の作業をこなすことが、Iターン転職を達成するためには必要です。

Iターン転職の志望動機について

もしもIターン転職を行うのであれば、志望動機をどうするかをよく考える必要があるでしょう。

 

希望する会社を選んだ理由と、その土地を選んだ理由の双方がなければ、Iターン転職の動機にはなりません。

スポンサーリンク

双方の理由が、密接に結びついていること説得力が増します。

 

志望動機を固めるためには、Iターン転職を思い立つに至ったのはなぜかを、話せるようにしておくことです。

 

画像3

漠然と地方での生活に憧れたからとか、のんびりとした環境で暮らしたいというような内容では、ほとんどアピールにはなりません。

 

本気で地方の暮らしについて考えていないのではないか、現実を分析する能力が欠けているのではないかと思われたりもします。

 

志望動機には、理解されやすいものを考えておくことです。Iターン転職の動議として、自分の実績やスキルと絡めて考えてみるといいでしょう。

 

そして、都心で暮らしていた時には、自分の能力を活かすことができなかった等の、事実に裏打ちされたエピソードをつなげることです。

 

例を挙げながら、自分の話を補強することができれば理想的でしょう。実際の話に根ざしたものであり、肯定的な視点があることが大事です。

 

以前の職場環境をけなすようなマイナスの言葉は、可能な限り使わずに状況を説明できることが望ましいでしょう。

 

Iターンによって就職した先の可能性を例に挙げることは、転職を成功させる志望動機としては有効です。

 

Iターン先の地域について、どの点が素晴らしく、自分はどんな形で地域の将来に役立つことができるかを話すことは、志望動機として受け入れやすいものだと言われています。

 

Iターン転職で希望の企業に就職するためには、都会を離れたくて漠然と選んだと思われないように、肯定的な理由で地方の特性を語れるようにしておくことが、就職活動にプラスになります。

Iターン転職の履歴書

履歴書の内容がきちんとしていることは、Iターン転職の成否に関わる重要なポイントです。

 

会社はまず、履歴書と、職務経歴書に目を通して判断します。

 

採用面接に行く前段階として、職務経歴書と、履歴書という書類審査は、どの会社にもあります。

 

履歴書を見た上で、採用担当者は、実際に会うべき相手かどうかを見極めることなります。

 

では、Iターンの転職を目指す場合には、履歴書の作成ではどのような点に注意したら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

履歴書を書くときには、書くべきことをしっかりまとめるという点で、普通の転職と変わりありません。

 

画像3

どうしてIターン転職を希望するようになったのかを書ける履歴書を使うことがポイントです。

 

Iターン転職は、Uターンと異なり、これまで縁が無かった土地に、自分の意思で就職をするという形になります。

 

そのため、新天地での順応力や、この土地に住み続ける意思はどれだけあるかを、企業は気にしています。

 

本当にこの人はIターン転職をしたいのかを、履歴書から読み取ろうとするわけです。

 

採用面接の時も、Iターン転職をどのくらい本気で検討しているのか、家族はどう考えているか等も問われます。

 

履歴書には、以前の職を離れた要因や、新しい転職先にここを選んだ理由など、面接の場で話にのぼりそうなことを書くように心がけるといいでしょう。

 

履歴書や職務経歴書を書くのは、なかなか大変な作業です。

 

履歴書の書き方はネットや書籍が色々と出ていますし、転職斡旋会社ては、履歴書のコンサルティングなども行っています。

 

Iターン転職をうまくやり遂げるためにも、履歴書や、職務経歴書の書き方について、人の意見を聞きながら書き直すのもいいでしょう。

スポンサーリンク