ネット 就職サイト どう

ハローワークで仕事を探す

前々から、仕事の求人を探す時には、ハローワークに通うことが定番でした。

 

求人サイトや、雑誌の求人欄をチェックすることで、仕事の情報を得ることができるでしょう。

スポンサーリンク

多くの場合、ハローワークでは、所在地近くの求人情報を中心に求人の情報が掲示されています。

 

自宅から近距離での勤務地を探している人や、遠方に就職する意思がない人は、ハローワークの職探しが適しています。

 

画像2

インターネットの求人サイトは、全国の仕事情報が掲載されていて、地元だけではく都心に出るという事も考えている人には良いでしょう。

 

内容の充実度から見ると、圧倒的に都市の求人が多いことが、ネットの求人情報の特徴的なところです。

 

地方の小企業の求人は、インターネットで全国的にアピールしたからといって、県をまたいだ遠方から応募が来ることは滅多にありません。

 

むしろ、地元出身者を採用したほうが、土地勘もありますし、地域についての基本的な情報も持っていますので、話がしやすいという利点があるというわけです。

 

求人情報をハローワークで探すことは、地元の求人情報を効率的に探せること以外にも存在します。

 

どんな条件で仕事を探したいかをハローワークに登録することで、希望に近い求人の情報が郵送で届くようになります。

 

一般的な求人サイトでは行わないようなコンサルティングや仕事の紹介などをハローワークは行い、企業に地元の人材を供給しようといます。

 

セミナー情報や、面接会の情報なども窓口で得ることができますので、効率的に就職活動をすることが可能です。

 

ハローワークによっては、履歴書や職務経歴書の書き方指導や添削を行われている場合や、面接対策のセミナーが開催されている場合もあります。

 

求職中の人でも、会社のほうも、無料で利用できることがハローワークの魅力です。

 

インターネットや雑誌の掲載では、利用料としてお金を払う必要があります。

 

ハローワークに求人を出すのは、仕事の求人を出す度にお金がかかるときついという中小企業や個人事業主が多いようです。

就職活動ではしっかりと自己分析をしておくこと

就職活動では、事前にしっかりと自己分析をしておくことにょって、成功しやすくなるといいます。

 

自己分析は、就職活動には欠かせないものだと言われていますか、一体、自己分析とはどのようなことをするものなのでしょう。

スポンサーリンク

正しい自己分析をすれば、就職活動時の目標設定や、自分か何をしたいかもわかります。

 

納得のいく就職活動をするためには自己分析がいいと言われてましたが、一体、自己分析とはどういった手順で行うのでしょうか?

 

画像3

まずは自分が感情的になりやすい瞬間や、人生の転機となったイベントを書き出してみましょう。

 

次に、書いた物を時系列にして、整理します。

 

印象深い出来事をそれぞれ並べていき、その中から一番精神が下向きになったこと、一番やる気がも満ちあふれたことは何かを調べます。

 

一番気持ちが良かった局面ては、部活動で表彰されたことであるとか、一番へこんだときは部活でレギュラーになれなかった時で、しばらく別の趣味に没頭したとか、人によって色々なエピソードがあります。

 

過去を振り返り、自分の行った行動をチェックすることで、仕事探しのヒントになります。

 

客観的な目で過去をふりかえり、何をしていた時が充実感があり、どんな行動をしたがらないのかを見極めることが、自己分析の手法です。

 

自己分析をした結果、決めた仕事に就職することが、いいことなのかは、確認のしようがありません。

 

ですが、自分の性格を考えた時に、その仕事が合っていそうだという考え方は、見当違いではありません。

 

初めて自己分析をする場合には、なかなか思い浮かばなくて困ってしまう人も多いようですが、難しく考える必要はありません。

 

わずかなことでも文字にしていくことで、それがきっかけになって書くことが増えたりもします。

 

自己分析を上手に使って、自分にはどんな仕事が合っているかを探していくことが、就職活動の糸口にもなるでしょう。

就職活動に役立つ求人情報サイト

最近は、多くの人がネットの就職サイトを利用して就職先を探していると言われています。

 

ネット上には、多種多様な就職サイトがあります。求人数が絶対的に足りていない近年では、求人情報をいかに素早く得られるかは重大なテーマです。

スポンサーリンク

この頃は、ジャンルを絞って求人情報を掲示しているような、就職サイトもあります。

 

新卒の求人を集めた就職サイトや、第二新卒を対象とした就職サイト、中途採用者を対象にした就職サイトなどです。

 

新卒者対象の就職サイトの場合には、先輩の経験談や就職活動そのものの基礎知識が細かく掲載されています。

 

初めて就職活動をする人が、これから何をするのかイメージがわきやすいように、基本的な知識や情報がわかりやすくまとめられています。

 

これに対して、既に社会人を数年経験した人用の就職サイトでは、職務経歴書の書き方や、転職活動時の志望動機の書き方などが紹介されています。

 

求人情報の案内だけでなく、スカウトサービスも手がけているサイトも少なくありません。

 

中途採用の応募を考えている人には、スカウト制度は役に立ちます。

 

職種を絞った就職サイトも、最近は増えています。

 

画像2

海外での仕事を希望する人の就職サイト、医療従事者のための就職サイト、金融関係の就職サイトなど、既に希望の業種が決まっている人にとっては使いやすいものです。

 

デザイナーや医療関係といっても、かなり幅広く職種があるので、こういった方面の就職を希望している人は、こういった専門の就職サイトを利用したほうが良いでしょう。

 

国外で仕事をしたい人のための就職サイトでは、語学を学ぶ方法や、ピザのとり方など、海外で働く時には必須の情報も、チェックすることが可能です。

 

希望する就職先をイメージしながら、就職サイトを選ぶといいでしょう。

就職活動を進める方法

就職活動とは何をするのかは、事前に把握しておいた方が、準備もしやすくなります。

 

まずは関心のある企業に資料を請求し、説明会の申し込みを行いましょう。

スポンサーリンク

企業の説明会と、合同説明会とでは、何のための会なのかが違っています。

 

合同説明会は予約なくても参加できるところが多く、いくつかの企業が一堂に会する場です。

 

個別の場合は、あらかじめ予約が必要なことがほとんどです。

 

人気のある企業だと予約が取れないことがあるので注意しましょう。

 

企業によっては、企業説明をしたその日のうちに、筆記試験をして合格者だけが面接を受けられたりもします。

 

簡単な受け答えができるように、自己PRや、志望動機などの構想はつくっておく必要があります。

 

一般常識、SPI、小論文などが筆記試験の科目になります。

 

筆記試験を突破するためには、就職活動用の筆記試験問題集を見ておいたり、時事内容に関心を持っておくことです。

 

企業によっては、適性検査を行うところもあります。

 

画像1

その場しのぎの答えを書くと、つじつまが合わなくなることがあります。

 

筆記試験を突破したら、就職活動の要である面接ですが、面接が内定を取れるかどうかを決めるといっても過言ではありません。

 

就職活動のハイライトとも言える面接を成功させるためには、きちんと対策を講じておくことです。

 

一次面接、二次面接と面接を繰り返していくことで、内定が出ます。

 

企業から内定をもらったら、就職を決めるかどうかを考え、就職することに決めた時点で、就職活動は無事に終わったことになります。

スポンサーリンク