転職 自己分析 方法

転職に不可欠な自己分析

的確な自己分析が、転職活動では欠かせません。転職活動を行う場合にするべき自己分析とは、果たして、何なのでしょうか?

 

これまで自分がどのような経歴をたどっているかが、転職時には大事になります。キャリアの整理をすることで、自分にできること、自分のしたいと思うことがわかります。

スポンサーリンク

十分に自己分析ができずに転職を始めると、自分の向かっている方向性を自覚できずに、就職後に後悔するということもあります。

 

自分の長所をはっきりさせるためにも、自己分析を行って、自分に対しての理解を深めましょう。

 

最近は、転職者を支援するための情報サイトや、本などが、たくさんあります。

 

正しい履歴書の書き方なども調べればわかりますが、必ずしも、正しい履歴書であることが、転職活動を成功させる履歴書になるとは、限りません。

 

転職をする時には、自分が今までしてきたことをじっくり検討してみることです。

 

自己分析が不十分で、自分に向いている仕事が自覚できていない人は、一つところに職が定まらないということがあります。

 

自分の適性がどこにあり、どんな仕事をしていると自分の良さが生かせるかを、自己分析できちんと確認しましょう。納得いくまで自己分析をして、転職の方針を決めましょう。

転職のための自己分析の方法

転職活動を行う前に必要な自己分析とは、これまでの自分のしてきたことを見つめ直すことです。

 

採用面接時には、自己分析の結果が重要だと言われていますが、就職活動をするときに、なぜ有用なものなのでしょう。

スポンサーリンク

これまで自分が積み上げてきた経験、スキルにはどのようなものがあるか、一からの自己分析によって見えることがあります。

 

社会に出て働くに当たっては、自分に適した職種が一体何なのか、よくわからないという方もいます。

 

自分のことを自分でわかっていなければ、面接の場で、自分がどんな人間かを相手に話すことができません。

 

面接で求められることは、自分は会社の戦力になりえることを、会って間もない人に伝えることです。

 

応募した職種について、自分にはそれができる能力があるということを、採用担当者にわかってもらうことが大事になります。

 

自分を語る言葉をたくさん持つためには、自己分析をしておくことが必須です。

 

これまでの経験についてしか、面接の場では語ることがなく、自分を売り込む材料につなげられなかったという方もいます。

 

面接での自己PRをスムーズにするために、自分がやってきた仕事は、自分のどんな能力が作り出してきたものなのかをまとめておきましょう。

 

反対に、挫折した内容についても自己分析をして、どんな要素が失敗に関係していたのか、今後はどこを注意すれば失敗を繰り返さずに済むかなどを顧みることです。

 

転職をする時には、自己分析を入念にしておくといいでしょう。

転職のための自己分析の内容

自己分析は、転職を成功させるためには欠かせません。実際にどのような作業をすることが、転職のための自己分析になるのでしょう。

 

自己分析の重要なことは、自分という人間を、より深く知ることです。細かな方法は様々ですが、どのような自己分析を行うかは、大筋で同じものがあります。

スポンサーリンク

自分の長所、弱点、今まで経験してきた仕事の内容、成果、スキルなど、片っ端から書き出していきましょう。

 

過去の経験や、評価の高かった物事などを、思い出してまとめてみます。そうすることで、自分にはどんな長所があり、どんな良さがあるかがわかります。

 

自分は何を重んじ、転職をすることで何を実現したいかも、自己分析を経て見えてくるところです。

 

自分の行動は何を重視していきたいのかを改めて考え直し、一定の結論を出すことも、転職活動では重要なこといえます。

 

自己分析を行うことで、転職先の企業に求めるものは給料なのか、勤務日数なのか、仕事内容なのかも見えてきます。

 

希望する働き方や、望んでいるライフスタイルの形を知ることで、転職先を見定めやすくなるものです。

 

様々な角度から自己分析をすることで、転職活動を達成することができるでしょう。

スポンサーリンク